フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2016年12月 6日 (火)

鎌仲ひとみ監督作品 「内部被ばくを生き抜く」(2016年12月11日)



鎌仲ひとみ監督作品 「内部被ばくを生き抜く」

・日時 12月11日(日)9時30~11時30

・場所 岩手県公会堂24号室

・参加費 200円(会場使用料)




2015年11月 1日 (日)

「小さき声のカノン」 盛岡上映会と監督講演会(11月21日)

◎鎌仲ひとみ監督『小さき声のカノン―選択する人々』上映・監督講演会

日時:1121日(土)

1回目上映:1000
鎌仲ひとみ監督講演 
1245
2回目上映:1430

会場:奥羽キリスト教センター(盛岡市大沢川原3227


3
回目上映:1800

会場:認定こども園ひかりの子2F(紫波町日詰字下丸森130

前売券:1,000円(当日:1,200円)

主催:小さき声のカノン上映・監督講演実行委員会in岩手



1,2回目と3回目の上映の場所が異なるようです。




2015年10月 7日 (水)

*事情により中止になったそうです→映画「小さき声のカノン」上映会と監督トーク(10月18日岩手県一関市)

*以下の一関市藤沢町での上映会は事情により中止となったそうです。

鎌仲ひとみ監督が、10月18日(日)カフェあいまき(一関市藤沢町大籠)に来ます。映画「小さき声のカノン」上映会と監督トーク(1500~と1800~の2回です)大人1500円(中学生以下無料)

映画「小さき声のカノン」イントロダクションより

http://kamanaka.com/canon/about/

はじめはみんな、
泣き虫なフツーのお母さんだった。
『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』の
鎌仲ひとみ監督最新作!
福島、そしてチェルノブイリ後のベラルーシ。
お母さんたちは、“希望”を選択した。

東京電力福島原発事故から4年。事故による影響は安全である・危険であるといった議論からこぼれ落ちる声が存在している。
それは不安な気持ちを抱えたお母さんたちの声だ。
かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きたのか。お母さんたちはどうやって子どもを守ろうとしたのか?
福島とチェルノブイリとの時間差は25年、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。
事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた。
希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。

2015年9月 3日 (木)

映画上映 「魔法の9」、「日本と原発」(一関、9月3日、9月26日)


■映画『魔法の9(ナイン)Part1~戦争なんて人災だ』を観る会in一関

201593()  開場1700 上映 1800(105) 監督トーク1950

会場:なのはなプラザ(旧ダイエー)ミュージックルーム1(地下1階)にて

岩手県一関市大町4−29

入場料:大人1000円/中・高校生500円(小学生以下無料)

主催:ドキュメンタリー映画上映ネットワーク一関

協力:鍋の会



■映画『日本と原発』一関上映会

2015926() 会場:一関文化センター 中ホール

昼の部:開場13:30 上映 1400(135)

夜の部:開場17:30 上映 1800(135)

入場料:大人1000円/中・高校生500円(小学生以下無料)

主催:映画『日本と原発』一関上映実行委員会

2015年5月17日 (日)

原発関連・映画イベントお知らせ(5/19、6/13 岩手 盛岡)

            

                   

              

お話し 放射線被曝から子供を守る会・いわて  かねがさき放射能市民測定室

測る会  -東日本土壌ベクレル測定プロジェクト-岩手担当測定所

菅原和博さん

時・ところ 5月19日(火)13~15時 盛岡仙北ベルフ2階会議室

参加費 無料

市民作成の土壌汚染マップのお披露目、自らの測定器で測定されている食品や土壌など汚染状況のお話、東日本土壌ベクレル測定プロジェクトのお話しなどをいただき、先日平泉の学習会でも紹介されていた、移動しながら空間線料率を記録しマッピングできる高機能サーベイメーター「ホットスポットファインダー」の体験測定会を開催し、盛岡市や矢巾町の測る会のメンバーさんも交え、参加していただいた皆さんと共に意見や情報を交わしながら交流したいと思います。農作業等もたけなわの頃で恐れ入りますが、みなさまお誘い合わせの上ぜひお気軽にお越し下さいませ。

当日はかねがさき放射能市民測定室にて、普段食されている食べものなど気になるものの放射能測定も受付いたします。

①測定に必要な量は1が基準となります。(お米だとちょうど6 合です)

②土壌の場合は地表より5cm の深さを採取してください。

③肉や魚など生ものは別途ご相談下さい。

④測定には時間を戴きますので結果は日を改め本人さまへお知らせする事となります。

☆食品等についてはみんなのデータサイトへ、土壌については東日本土壌ベクレル測定プロジェクトへのデータ提供をお願いいたします。

☆土壌に関して記録をプロジェクトに提供していただける場合、有効なデータとするために改めて空間線量率などの調査をお願いする可能性があります。

それでは会場でお待ちしております。





映画
  「日本と原発」 

613() ①1400  1800
会場  ふれあいランド岩手  ホール

当日も金額は同じだそうです。
映画「日本と原発」公式HP→ http://www.nihontogenpatsu.com/




============================================================
地球の上に生きる2015 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
世界の未来をつくるために 
============================================================

5
29日(金)から621日(日)まで、
世田谷区 三軒茶屋にあるキャロットタワーで
受賞作品の写真展を開催いたします。
http://goo.gl/grS2dF

そして、8月に三重、9月に名古屋、10月に京都での開催が決定しています。
お近くの方はぜひご来場ください。
また、この写真を広めるために、写真展を開催してくださる方も募集中しておりま
す。

三重
日程:8月5日(水)~8月9日(日)
主催:フォトジャーナリズム展三重  場所:津リージョンプラザ生活文化情報セン
ター(展示室)

名古屋
日程:9月19日(土)~23日(水・祝)
主催:DAYS JAPANサポーターズクラブ 名古屋  会場:名古屋国際センター

京都
会期:10月16日()~29日()
主催:京都造形芸術大学 企画協力:DAYS JAPAN  会場:京都造形芸術大学 ギャル
リ・オーヴ



============================================================
フォトジャーナリスト広河隆一写真展 いのちをつたえる
============================================================
http://www.daysjapan.net/event-info/event201504.html
日時    2015514日(木)~531日(日) 
12
0019:00(火曜休)入場無料
会場    キッド・アイラック・アート・ホール3・4F
TEL:03-3322-5564
内容
パレスチナ、アフガニスタン、イラクなど中東とチェルノブイリ、福島の写真
サブラ・シャティーラの遺品展

映像上映
NAKBA ・広河隆一ドキュメンタリー映画「人間の戦場」予告編


2014年8月14日 (木)

里山フェスタ(8月23日)と映画上映会のお知らせ。

P2014_0814_170354_2 

8月23日に里山生活学校を主催している、
奥州市江刺区で有機農業をしている河内山さんの
ところで、

「第4回 里山フェスタ」が開催されます。

地域の手仕事・地域資源・素材、ということを基本コンセプトに、地域で活動している有機農家やモノづくりをしている方々を中心に多くの出展者さんでにぎわいます。

僕も今年初めて参加する予定です。古本で出店させていただくことになりました。


詳細は里山学校HPを参照してください。
(ブログに出展者の方々が紹介されています)


HP→ http://satoyama.sunnyday.jp/

ブログ→ http://blog.canpan.info/satoyamalife/


第4回 里山フェスタ 2014年8月23日(土) 10時~17時頃(雨天決行)
      
      場所 岩手県奥州市江刺区広瀬字松舘89 
      ℡ 0197‐36‐3292(当日は繋がらないそうです)
      入場無料





P2014_0814_170449_2

映画上映会

  「世界が食べられなくなる日」
~世界初の2年に渡る遺伝子組み換え作物動物実験の驚くべき結果~

2014年 8月30日(土) ①14時~ ②18時~
               (上映時間 118分)

会場 盛岡市「ふれあいランド岩手・ふれあいホール」
     (盛岡市三本柳8‐1‐3)

当日、前売り入場券お持ちの方に資料配布するそうです(資料代として600円。映画鑑賞料は実質無料とのことです)。

問い合わせ主催 岩手農民大学
   ℡ 019‐656‐7411
   fax 019‐656‐7412

共催 岩手有機農業研究会 いわて生協まなびクラブ・クランボンなど


「 “食の重要性”を訴え続けるフランス人監督が、世界中に大きな波紋を投げかけた遺伝子組み換え作物を与えたラットへの影響、福島第一原発事故がその地に住む農民に与えた影響などにカメラを向けました。
 すると、いのちの根幹を脅かす“遺伝子組み換え”と“原子力”に三つの意外な共通点が!
 “遺伝子組み換え”と“原子力”、爆走する二つのテクノロジー、その先にどんな世界が待っているのでしょうか?
 そして、あなたは次の世代にどんな世界を残したいですか? 
 映画を見て考え、行動しましょう。―2012年/フランス映画― 」 (チラシより引用)