フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

2016年もよろしくお願いします。(カレンダー作りました。)

今年もよろしくお願いします。

最近読んでいる本で、興味深かった箇所を以下に引用します。
河合隼雄氏は既に亡くなられましたが、日本を代表する臨床心理士・ユング派分析家、
元文化庁長官で、有名な方ですので知っている方も多くいると思います。


世界情勢、国内情勢、共に混乱の中、政治も経済も社会は厳しい状況が続いていると
感じていますが、

まずは、自分自身を大切にすること、自分自身の充実、自分の人生を大事にしながら
2016年も歩んでいこうと思っています。





(以下、「河合隼雄のカウンセリング講座」より引用↓)

「社会をよくすることもものすごく大事ですけれど、一人の人間をよくすることも、それと同じぐらいの重みをもっていると信じていたからです。一人の人間が変わるということは、社会が変わるのと同じくらいすごいことです。(略) 人間一人が変わるということは本当に大変なことです」

「僕はこういう仕事につく前に、自分の分析というのを五年ぐらい受けています。五年間やって人間がどのくらい変わるかということを自分でよく知っているわけです。あんまり変わらないんですよね、やっぱり(笑)。しかし、あんまり変わらないけれど、どこか変わってくる。その、どこがどのぐらい変わって、それがどんな意味をもつかということを、自分で自覚してないといけないと思います。そして「あんまり変わらない」と言っていますけれど、その「ちょっと変わる」ということがどんなに偉大なことか。やはり、人間がちょっとでも変わるというのは、すごいことなんです。」

「人間が一八〇度変わるのは大したことありません。一八〇度というのはわりあい変わりやすいんです。パッと一八〇度変わります。それで、ちょっとしたらパッと元へ返りますからね(笑)。けれども、ちょっと変わるというのはなかなか大変なことです。これは、「風見鶏」をイメージするとよくわかると思います。あの鳥は、ときどきパッと一八〇度向きが変わることがあるでしょ。あれ、一八〇度変わるのは平気なんです。でも、風見鶏が五度だけ向きを変えようと思ったら、もう死にものぐるいだと思いますよ。人間でも、ちょっと変わるというのはすごいことなんですね。」

「みなさんも、自分と親のことを考えられたらよくわかると思いますが、親と同じことをやっているか、一八〇度違うことをやっているという人が多いでしょ。しかし、親よりも五度変わったというのは、これはなかなか大変です。「親は大酒飲みだったけど、俺は一滴も飲まない」とか、「親は一滴も飲まなかったけど、俺は大酒飲みである」とか、何かそういうふうにパッと変わることはできるんですが、「親は大酒飲みだったけど、私はちょうど適当に飲んでいます」というようなことは、ものすごくむずかしいんです。」

 (以上、河合隼雄のカウンセリング講座 河合隼雄 2000 創元社 より引用)





自分自身が良い方向に少しずつ変われるように

みなさんが良い方向に少しずつ変われるように

世界が良い方向に少しずつ変われるように




まずは自分自身が少しずつ行動していきたいと思います。





2016年度のカレンダーを作りました。

P2016_0124_151225   P2016_0124_151028  



もし欲しい方がいましたら、
切手 千円分と交換いたしましょう(送料込)。

残部4部ほどあります。
表紙が異なるのが2部あり。

見開き銀と黄色のシールが貼ってありますが、
銀=新月、黄色=満月として個人的に貼ったもの
なので、もしシールを貼って欲しい方がいましたら、
その旨、連絡ください。シールつきは1200円分の
切手での交換となります。

住所と氏名と連絡先をご連絡ください。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »