フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

2014年、皆さまありがとうございました

2014年、皆さまありがとうございました。


今年の盛岡は例年以上に雪が多くて、道路も凍っていますし、寒いですね。

どうぞ、暖かくお過ごしください。


P2014_1229_135811




2014年12月29日 (月)

花巻教会と盛岡ハリストス正教会

P2014_1213_174454



花巻市の仲町にある花巻教会で12月13日に「第一回 花巻市民クリスマス」が開催されました。

市民のためのクリスマスということで、当日は100人以上の人が来ていて、とても賑わっていました。


花巻教会はプロテスタントの教会ですが、プロテスタントの牧師さんとカトリックの神父さんや、ドイツ人の牧師さん、インドネシア人の牧師さんも来ていて、

礼拝に加えて、歌あり、クイズありと、とても楽しい会で子どもたちもはしゃいでいました。


最後には「きよしこの夜」を日本語、英語、ドイツ語、中国語、韓国語の5か国語で歌い、

とても暖かいクリスマス会でした。

盛岡市民の僕もちゃっかり参加しました。

P2014_1213_174646 P2014_1213_184255


当日は、売上の全額を福島県の会津市の子どもたちや、環境や栄養状態がよくない世界の子どもたちへ寄付するチャリティーバザーも行われました。









P2014_1123_102153


こちらは盛岡市の高松にある盛岡ハリストス正教会。こちらは東方教会です。旧JR盛岡のポスターにもなったことがある教会の外観もすてきです。日本の東方教会の教会は、建築と絵画も見どころです。

正教会は「東方教会」・「ギリシャ正教」と言われるそうですが、日本ではロシアから入ってきたということで、ロシア正教会の影響を受けているそうです。


P2014_1221_112908  P2014_1221_112941



イコン画で有名な山下りんの作品が多数見れます。

神父さんは県内の他の正教会の教会を回ることがあるみたいで、盛岡ハリストス正教会では、今は毎週の礼拝の際に神父さんがいないときもあるそうです。


教会近くには、高松の池、盛岡市立図書館もあります。ちょうど今は白鳥たちが高松の池に飛来してきています。

氷点下5度を下回る冬の盛岡の真夜中には、白鳥たちの声が響いたりもします。



*いずれの教会からも写真撮影&ブログでの紹介の了承をいただいた上でご紹介させていただきました。

2014年12月13日 (土)

アート同人誌「十字路」3号

P2014_1208_015826_2 




アート同人誌「十字路」3号です。各同人の詩作品に加え、今号から、

鈴木道也氏が「まど・みちおさんの詩について(一)」というエッセイが掲載されています。



頒価1部 500円 (送料込、切手でのお支払も可能です)。 

また、詩、エッセイ、ドローイングなどの絵画作品、日記などの作品を掲載したい方がいましたら、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。同人費は一回の掲載毎に6千円です。


2014年12月 6日 (土)

「第一回 花巻市民クリスマス」 花巻教会での礼拝のお知らせ。

Img_2 



以前にご紹介したスコティッシュ・フォールドの猫・ミシェルがいる花巻市仲町にある花巻教会で、

12月13日(土・15時30~18時45)に花巻市内の教会が協力して「第一回 花巻市民クリスマス」が開催されます。


15時30~ 開場(ミニバザーあり)

第一部 クリスマス礼拝 16時30~17時30(みんなで礼拝をささげる)

第二部 お楽しみ会 17時45~18時45(ゴスペルソングやクリスマスにちなんだクイズを皆で楽しむ。お茶やお菓子もあり。

19時には完全終了予定。




P2014_0621_152515_2

会場は花巻教会、入場無料、どなたでも参加可。
お問い合わせは花巻教会まで。℡ 0198-23-6807



ミシェルは元気でしょうか。 最近ちょっと丸くなったとか…。普段は教会にいないので、猫好きの会いたい方は牧師さんに事前に連絡してくださいね。 

2014年12月 2日 (火)

菅原文太氏のメッセージ


衆院選挙が公示されましたが、選挙関連ということで、
既に終わった沖縄県の知事選挙の映像で、

先日亡くなった菅原文太氏の映像・メッセージがあったので、アップしてみました。
ユーチューブ↓


https://www.youtube.com/watch?v=8PFTMiaHXAc

「菅原文太氏のスペシャルゲストあいさつ」



菅原文太氏↓

「政治の役割は二つあります。一つは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。もう一つは、これが最も大事です、絶対に戦争をしないこと。私は小学校の頃、戦国少年でした。小学校、なんでゲートルを巻いて、戦闘帽をかぶって、竹やり持たされたのか、今振り返るとほんとに笑止千万です。もう二度とああいう経験は子どもたちに、子どもたちだけじゃない、大学生も雨の中を、大勢の将来大事な大学生が戦地に運ばれて、半数が返って来なかった。」

「沖縄の風土も本土の風土も、海も山も空気も風も、すべて国家のものではありません。」


「辺野古もしかり。勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ。まぁそうは言ってもアメリカにも良心厚い人々はいます。中国にもいる。韓国にもいる。その良心ある人々は国が違え、同じ人間だ。みな手を結び合おうよ。」





戦争体験をした人にしか、語れない言葉だと思います。

晩年は、俳優を引退して、有機農業を営みながら、戦争反対・脱原発・有機農業の訴えをしていたそうです。

任侠映画には興味ありませんが、亡くなる1か月前にこのような言葉が言えるというのは、すごいエネルギーだなと思います。


僕ら、若い世代にこのようなエネルギーがあるでしょうか…。


とはいっても、僕ら若い世代だけが悪いわけではありません。
時代の流れ・環境・国の文化、すべてが関係し、影響しています。


収束の見えない原発事故に加えて、秘密保護法、集団的自衛権、武器輸出解禁と、
戦争の準備をしているのではないか、と思う中で、



まずは自分自身をみつめ直さなければ、と自分をみつめ直す必要を感じています。


秘密保護法の施行は12月10日。もう1週間後です。
秘密保護法や集団的自衛権が決定されたなかで、もう遅いとも思いますが、

14日の選挙には一票投じたいと思います。



« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »