フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日 (月)

心理学講座(9月6日)とオーガニックフェスタinいわて(9月6・7日)のお知らせ

去年より盛岡で、心理療法カウンセリングとホリスティック・ヒーリングのセラピールームを開いている
「セラピールーム ハミングバード」さん。

アメリカで臨床経験を積んでこられたChikaさんが主催しています。

9月6日にハミングバードさんが主催で心理学講座が開かれます。

日時 9月6日 am 9:30~12:00
場所 サンライフ盛岡 (仙北2丁目4-12)
内容 心理学講座「感情の扱い方・心の癒し方」
参加費用 800円(資料代込)

今回は、感情をテーマに、感情の性質やその作用、上手な扱い方を、詳しくお話したいと思います。「ネガティブな感情」と呼ばれる辛い感情を癒やして解放するにはどうしたらいいか、自分の本質とのつながりを邪魔するものはなにか、等についてもお話します。結構奥深い内容になっていまが、できるだけわかりやすくお伝えし、かつ、実践的な自己ヒーリングの方法も含めてお話するつもりです。


(以下、ブログより一部転載↓)

内容のごく一部だけご紹介すると、写真の左側のページでは、感情の2つのレベルについてや、感情が体や感覚とどう関係しているか、右側のページでは、「マイナスの感情」と呼ばれる(本当は感情にマイナスもプラスもないのですが)、怒りや恐れ、恥等の感情をひとつひとつを取り上げて説明し、それぞれどのように対処したらいいか、記載しています。他にも、心の傷を悪化させる要因や、傷ついた心をどうやって自分で癒したらいいか等、かなり濃い内容になっていると思います。

まだ空きがあるので、盛岡近辺で参加ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご予約・お問い合わせフォームよりお申込みください。(お電話でのお申込みも受け付けております。)

           (Chika)

セラピールーム・ハミングバードさんHP→ http://therapyroom-hummingbird.com/






2014 オーガニックフェスタinいわて

Festa  Festa_2

日時 9月6日(土) 9月7日(日) 両日10時~16時
場所 紫波中央駅前 オガールプラザ

9月6・7日に紫波町・オガールプラザでオーガニックマーケットが開催されます。
オーガニックマーケットとは、主に岩手県内の有機農家さんが集い、丹精込めて作られた穀物・野菜・加工品などが販売されるイベントです。

今年は特別講演(6日16時開場、16:30~18:00 定員150人 1500円)に奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんが来られお話しされます。
(HPで確認したところ、すでに満席とのことでした。当日、特別スクリーンで聞く場合は500円だそうです。スクリーン上映は当日受付のみ、100名までだそうです)

その他、農業関係のセミナー・ワークショップ、料理教室、音楽ライヴなどが開かれます。


県内のナチュラル系などのお店でチラシが置いてありますので、そちらを参照してください。


オーガニックフェスタ2014HP → http://organicfiestaiwate.jimdo.com/

2014年8月14日 (木)

里山フェスタ(8月23日)と映画上映会のお知らせ。

P2014_0814_170354_2 

8月23日に里山生活学校を主催している、
奥州市江刺区で有機農業をしている河内山さんの
ところで、

「第4回 里山フェスタ」が開催されます。

地域の手仕事・地域資源・素材、ということを基本コンセプトに、地域で活動している有機農家やモノづくりをしている方々を中心に多くの出展者さんでにぎわいます。

僕も今年初めて参加する予定です。古本で出店させていただくことになりました。


詳細は里山学校HPを参照してください。
(ブログに出展者の方々が紹介されています)


HP→ http://satoyama.sunnyday.jp/

ブログ→ http://blog.canpan.info/satoyamalife/


第4回 里山フェスタ 2014年8月23日(土) 10時~17時頃(雨天決行)
      
      場所 岩手県奥州市江刺区広瀬字松舘89 
      ℡ 0197‐36‐3292(当日は繋がらないそうです)
      入場無料





P2014_0814_170449_2

映画上映会

  「世界が食べられなくなる日」
~世界初の2年に渡る遺伝子組み換え作物動物実験の驚くべき結果~

2014年 8月30日(土) ①14時~ ②18時~
               (上映時間 118分)

会場 盛岡市「ふれあいランド岩手・ふれあいホール」
     (盛岡市三本柳8‐1‐3)

当日、前売り入場券お持ちの方に資料配布するそうです(資料代として600円。映画鑑賞料は実質無料とのことです)。

問い合わせ主催 岩手農民大学
   ℡ 019‐656‐7411
   fax 019‐656‐7412

共催 岩手有機農業研究会 いわて生協まなびクラブ・クランボンなど


「 “食の重要性”を訴え続けるフランス人監督が、世界中に大きな波紋を投げかけた遺伝子組み換え作物を与えたラットへの影響、福島第一原発事故がその地に住む農民に与えた影響などにカメラを向けました。
 すると、いのちの根幹を脅かす“遺伝子組み換え”と“原子力”に三つの意外な共通点が!
 “遺伝子組み換え”と“原子力”、爆走する二つのテクノロジー、その先にどんな世界が待っているのでしょうか?
 そして、あなたは次の世代にどんな世界を残したいですか? 
 映画を見て考え、行動しましょう。―2012年/フランス映画― 」 (チラシより引用)
 



 

2014年8月 6日 (水)

アート同人誌 十字路

P2014_0806_151532_3 P2014_0806_151450_3

今年2014年の5月に、アート同人誌 「十字路」 が創刊されました。

詩と絵などのアート同人誌として、現在の同人は4名という小さな同人誌ですが、
それぞれの個性から生まれる作品が表現されています。

以下、現在の同人の方々の作品を少しばかりご紹介させていただきます。




      
上野あづさ


これからつづく旅は

長く険しいものになるかもしれない

意外とはやく終わってしまうかもしれない

どちらにしても

必ず

たどりつけるはずだ

愛とやすらぎに満ちたあの場所へ

そこにたどりつくために

それに気がつくために

わたしは生まれてきたのだから

弱すぎるわたしが

最期まで生きぬくために






Dark_green_line6_2 

Photo_2









(左) 石田貴裕 dark green line (水彩・十字路2号より)

(右) 石田貴裕 ❘❘❘ (インク・新聞・十字路1号より)







混沌と      

        キクチユカナ

雨を蹴散らすタクシー

影を求め 水玉に揺れる

信号待ちの国産車が

赤のドレミに染まり

男は星空にすがる

チクタクと 秒針も聞こえない

しきりに浮遊するプラスチック

たわむれる涙は結晶へと移ろい

慣れた顔つきで眠りにつく

そこに 漂うペットボトル

クラゲはぼんやりと白濁し

荒野の斜面にはビビッドカラーのごみたち

指差す向こうの

階段は虹色に塗られ

子どもが笑う

差し出されたその手は

街灯の影と同化し

鈍い眼光に

私は私に舞い戻る

真っ赤な花束を抱え

渋滞を縫う女

不透明な灰色から

紙パックを取り出す子ども

尻ポケットに台所洗剤を押し込み

男は日銭を稼ぐ

貪欲な日差しに

虚栄心が甘く溶け出していく

電気スピーカーのノイズで

ガラスの泡は弾け飛び

ひずんだ軌道を真っ直ぐ進むほかはない











光について  
           
熱海一樹    

       

虹は水滴に太陽の光が屈折や反射して生まれるけれど
もともと太陽の光にはいろいろな波長の色が含まれているという
虹の色は

実際は紫から赤まで連続した無数の色ということだから
私たちにも無数の色彩が注がれている

たぶん その無数の色からどの色を受けとるのかは 

その人によるのだろう 

                                201212





十字路は、年四回(2・5・8・11月)発行。
同人参加ご希望の方、及び定期購読ご希望の方は発行人(熱海)までご連絡ください。
E-mail  →     atsumikazuki24@yahoo.co.jp
 

同人費は毎号6千円。エッセイなどページ数が多くなる場合はカンパをお願いしています。
定期購読は、年間購読料 2千円 (送料込)  頒価 一部 500円。
現在、書店等お店には置いていません。



次号は11月1日発行予定。
今の同じ時代を生きている若い世代の表現にぜひ触れてみてください。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »