フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

講演会のお知らせ 広瀬隆「原発の再稼働許されないこれだけの理由」

7月5日(土) 10時~岩手教育会館大ホールにて、広瀬隆 氏の講演会があります。

また、講演会後の12時より脱原発デモが行われます。↓

7/5(土)さようなら原発 岩手県集会 2014
主催:同実行委員会(事務局 岩手県消費者団体連絡協議会)
時間場所:1000~ 岩手教育会館 大ホール(デモスタート1200
基調講演:広瀬隆「原発の再稼働 -許されないこれだけの理由」

今は参加人数は50名以下とちょっと下火気味になっているようですが(自分もここ最近は参加していないのですが…)、盛岡でも毎週金曜日に脱原発デモが行われています。

脱原発盛岡金曜デモブログ→http://blogs.yahoo.co.jp/sayounaragenpatsu


デモのコールに対するとまどいも聞きますが、毎週全国各地でこのような行動が続けられています。
盛岡でも、サウンドデモと題した楽器を中心にしたデモもたまに開かれています。


P2014_0314_182340 Einstein
                                                                              NO NUKES

2014年6月17日 (火)

エミリィ・ディキンスン資料センター(金ヶ崎町立図書館)

わたしはくつろいだことがありません
 
地上では


わたしはくつろいだことがありません―地上では―
美しい空の上でも
くつろぐことはないでしょう分かっててよ
天国って好きじゃありません

なぜならそこは日曜日いつもいつも
そして休み時間はけっして来ない
エデンの園は寂しいでしょうね
晴れた水曜日の午後なんかでも

もし神さまが訪問に出かけられたり―
ひょっとして居眠りなさったりして―
目を離されることがあればいいのにでも
神さまはご自身が望遠鏡で

いつもわたしたちを見ておられるそうな
わたしなら逃げ出したい
神さまや―聖霊や―何もかもから―
でも「最後の審判の日」があるのよねえ!

対訳 ディキンソン詩集   亀井俊介() 岩波文庫





エミリー・ディキンソンはアメリカを代表する詩人の一人。

岩手県金ヶ崎町とアメリカのマサチューセッツ州アマースト町が姉妹都市提携を結んでいる縁で、金ヶ崎町立図書館にはアマースト町出身のディキンソン関連の資料・書籍があり、図書館司書の方に言うと書庫の奥にある資料を見せてもらうことができます。

また「アマースト町コーナー」があり、アマースト町にゆかりのある日本人の先人、新島襄や内村鑑三などの書籍がありました。

P2014_0614_122614_3



その他にも、友好都市の中国・長春市コーナーや姉妹都市のドイツ・ライネフェルデ市コーナー もあるそうで国際色豊かな図書館です。

田んぼに囲まれて、隣には小学校もあり、広く天井の高い館内で、のんびりと本が読めるような空間でした。




P2014_0614_131118_2

金ヶ崎町立図書館・エミリィ・ディキンスン資料センター

〒029-4503  岩手県胆沢郡金ケ崎町西根西地蔵野5番地
TEL:0197-41-1900 / FAX:0197-44-5661

2014年6月 1日 (日)

お越しくださった皆さまありがとうございました

P2012_0208_195337_2   P2012_0208_195627_2

(写真) 内装中の小屋。大量の埃!ではなく、羊毛の断熱材です。2012年度の冬頃。

5月31日をもってSerendipityは終了しました。

Serendipityで出会えた皆さまとのご縁に感謝いたします。


この小屋は2009年か2010年頃にSoiLオーナーさんが手作りで作り始めて、息子さんの協力のもと、ほぼすべて手作りで外装が出来上がっていました(基礎も二人で仕上げたそうです。)

そもそも裏の畑と森も二人で切り開いたそうです。切り開いた手順は詳しくは聞いていませんが、チェーンソーで木を切って、ユンボを使ってほりあげたとか(おかげで畑の土が痩せているそうですが…)。砂利や石を敷いて…、とそこから始めているそうです。


ひょんなことから、僕が内装を手伝う!?ことになり(足手まといだったかもしれません…)、内装を教えていただきながら、3人で仕上げました。

手作りの小屋、内装作業含めて貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございます。


003   006_2


(写真) 羊毛の断熱材のあとは、石膏ボードを切り、足場を作りながら、電動ドライバーで打っていきました。石膏ボードの後は、すきまなどをパテ塗り後、マスキングで養生して、漆喰塗りをしました。

この小屋で外装・内装で使われている木は、ほとんど切り開いた時の裏の森の木です。地産地消。オーナーさんの徹底した意志と行動力。すごいです。

ちなみに冬の作業は冷え症の自分にとってはとてもきつかった…。特に内装が全然出来ていなかった最初の頃は、冬風が床からスース―風通しがよく…薪ストーブを焚いても寒くて靴下何枚も重ねてしのぎました。

少しずつ積み重ねて約1年半後、内装出来上がり↓

P2013_0615_131543   P2013_0913_131333

とても貴重な体験をすることができましたが、自分には大工仕事ができない、合わないのを痛感しました…(多分、今までの前世でこのような作業をまったくしたことがなかったんじゃないかと、ちょっと言い訳を…でも少しDIY精神が生まれました。)


さて、
オープン最終日、「ドン」とガラスに何かがぶつかる音がして気になって見てみると、小鳥が横たわっていました。

P2014_0531_132432

脳振とうを起こしてた様で、とりあえず外のベンチにすくい上げましたが、しばらくして脳振とうが治まっても、飛ぶことができなく、どうやら翼にケガを負っているようでした。

野生動物がケガをした場合は、岩手県鳥獣保護センターに連絡を入れると対応してくれるとのことでしたが、あいにく、土日は休みとのことで、Serendipityをクローズした後すぐに盛岡市内の某動物病院に連れて行くことに。

獣医さんの話では、右の翼の骨が折れてしまっているとのこと。翼を一ヶ月くらい固定して、もし治れば飛ぶリハビリを経て後、放たれるだろうとのことでした。もし治るのであればまだ数か月くらいかかるので、それまでの餌やりなどの世話は保護ボランティアの方のところへ預けることになると思う、とのことでした。


調べてみると、この鳥は「キビタキ」の雄でした。(ウィキペディアより↓)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%93%E3%82%BF%E3%82%AD


日本では夏鳥として知られているそうで、秋や冬は東南アジアなどで越冬して過ごすそうです。
初夏になり、はるばる日本まで飛んで渡ってきた早々、大きな傷を負ってしまいましたが、治って再び自由に飛んでくれることを祈ります。

またいつかSerendipityを再開できればいいなと思っています。(古本を移動販売したいと思っており、イベントなどがある際は、出店を誘っていただけるとうれしいです)

お越しくださった皆さまありがとうございました。


こちらのブログは、引き続き気ままに更新していきますので、たまにのぞきに来てください。


P2014_0524_155123   P2014_0517_124704

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »