フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月25日 (金)

透明な意志vol.2 (彩画堂S-SPACE・材木町~4月29日まで)

   P2014_0418_182447_4   P2014_0420_170620

盛岡市材木町にある画材屋&ギャラリーのアートショップ彩画堂さんで、透明な意志vol.2 が開催中です。(~4月29日まで)


展示者は、石田貴裕(油彩)、上野あづさ(アクリル)、菊地由加奈(写真)、佐藤丸子(鉄・立体)、熱海一樹(水彩、アクリル)の県内在住の5人。


「透明な意志」という言葉は宮沢賢治の「農民芸術概論綱要」に出てくる言葉で、2010年に続いて今回で2回目。



P2014_0420_165423   P2014_0420_170706












(左写真) 石田貴裕、(左) Les Fleurs du malⅠ 

             (右) Les Fleurs du malⅡ

Les Fleurs du malはフランス語で「悪の華」とのこと。悪の華といえばフランスの詩人・ボードレール。



(右写真) 上野あづさ、(左) 青の扉

              (右) 虚無


二人ともこちらの写真は大きさ100号と30号の組み合わせ。共に力作を展示しています。


佐藤丸子さんと菊地由加奈さんは共に今回が初めての作品発表・展示とのことですが、共に個性的な作品を展示されています。

個人的には菊地由加奈さんの写真からはちょっとした悲しみのような、佐藤丸子さんからは錆れて(寂れて)いく暗さ、共に作品から詩を感じます。


熱海さんは2011年作の原発事故の新聞記事などを切り貼りしたコラージュ的な作品も発表しています。
また、熱海さんが発行人の詩と絵を主としたアート同人誌の創刊号も展示&販売されています。今回の展示者のうち4人が詩と絵で参加しています(こちらは後ほど紹介させていただきます)。


26日(土)・29日(祝)の14時~18時まで、展示会場にて焙茶工房しゃおしゃんさんによるお茶のふるまいがあります。作品鑑賞&お茶のふるまいは無料です。


透明な意志vol.2は、4月29日まで。10:00~18:30(最終日17:30まで)
盛岡市材木町4-30の彩画堂S-SPACE(岩手高校さん向かい側、マルイチさんの2,3軒隣にあります)
TEL 019-622-7249
FAX 019-604-0740

アートショップ彩画堂さんHP→ http://artshopsaigado.blog111.fc2.com/


作品鑑賞&お茶を飲みながら、しゃおしゃんさんや居合わせた人たちとお話をしてみてはいかがでしょう?

2014年4月12日 (土)

14日(月曜)臨時休業と4月の営業時間変更のお知らせ

P2014_0412_153434


ほとんど雫石も雪がなくなり、暖かくなってきました。


都合により、あさって14日月曜日は臨時休業となります。


また、来週以降の4月中の営業時間を変更させていただきます。

14時ラストオーダー、15時closed とさせていただきます。


5月の営業日・時間については4月末頃にお知らせさせていただきます。

P2014_0412_153504



葉っぱがまだ当分出てこないこの時期は、
天気が良い日は岩手山が見えます。

岩手山はまだまだ雪化粧ですね。

2014年4月 7日 (月)

うたがき優命園(岩手県奥州市江刺区のオーガニック農場)のご紹介

盛岡から車で約1時間30分走った里山に「うたがき優命園」があります。

うたがき優命園は河内山(こうちやま)さんご夫妻が原野に入植して開拓したオーガニック農場です。(しかもWWOOF(ウーフ)ジャパンの第1号ホストとのこと!)


うたがき優命園HPより↓

「里山生活学校の拠点となる農場。1992年に代表夫婦が原野に入植して開拓。山林含め6haの農場に鶏や羊や豚の飼育、無農薬の野菜や米(アイガモ農法)の栽培、味噌、ジャム、菓子の加工をしている。エネルギーは暖房、給湯、厨房に薪を燃料として生活。WWOOFジャパンの第1号ホスト」

*ウーフ…お金のやりとりなしで、オーガニック農場などで無償で農作業など労働力を提供する代わりに、食事と宿泊、農作業などを体験するというウーフ側(農家)とウーファー側(手伝う・体験する側)の交換するしくみ。ウーファーとしてウーフ先を転々としながら全国を旅する人もけっこういます。詳細は下記ウーフHPにて。

WWOOF JAPAN→ http://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=jp


河内山さんご夫妻はライフワークとして「里山生活学校」を主催しています。
里山生活学校は「『持続可能なくらしかたを求めて、地域にくらす私達がその資源に気づき、豊かに循環活用するしくみ作り』をテーマに2009年に設立」、したそうです。

代表の河内山耕さんは長身でキャップとTシャツが似合うナイスな兄貴分といった感じの方で、その人柄に惹かれて、地域資源・素材を生かして岩手県内で物づくりをしている多くの方々が里山生活学校に集まっています。

年一回8月に「里山フェスタ」と題して多くのお店が出店するイベントが開催されたり、年間を通してワークショップ、里山観察会など様々な催しも開催されています。


今週4月12日には、「丸太椅子作り」のワークショップが開催されます。参加者募集中とのことです。(里山生活学校のスタッフ・会員・ボランティアも募集中とのこと)


また、河内山耕さんは、福島原発事故が起こる前から原子力の勉強をし続けていて、脱原発のための勉強会、講演会をし続けています。

「可能であれば学校も作りたい」と、その可能性を模索しているそうです。

機会がありましたら、ぜひ一度訪れてみてください。


うたがき優命園HP→ http://satoyama.sunnyday.jp/index.html

       ブログ→ http://blog.canpan.info/satoyamalife/category_22/1

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »