フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

「芸術について話そう」 11月4日月曜日13時~

P2013_1026_113255

少しずつ空気が冷たくなってきて、裏の森の色合いも変化してきました。

先週の様子(10月26日撮影)↑↓


P2013_1026_112859     P2013_1026_140726




裏の小屋のSerendipityでは、11月4日月曜日に、

「芸術について話そう」 なる、ちょっとした会をします。



普段、作家同士で美術・芸術の話をすることは意外と? 少なく、作家の皆さんで集まって日ごろ考えていることなどを話します。

当日は、今年SoiLさんで展示した作家さんたちが来ます。


小さい店内なので、既にほぼ満席なのですが、もしお話ししたい方がいましたら、

メールにてご連絡ください。



時間は、13時~を予定しています。

ワンドリンクオーダーをお願いいたします。



P2013_1004_162423

ランチ&ペンションSoiLさんで展示中の藤田咲子展も11月4日が最終日となります。↑

SoiLさんでは11月9日から、上野あづさ展 となります。

2013年10月23日 (水)

盛岡市の現代美術の発信地

P2013_1023_163300

盛岡市上ノ橋町にあるGallery 彩園子(サイエンス)。

一階がギャラリー、2階は喫茶になっています。

盛岡市の現代美術の発信地として、30年以上多くの作家が彩園子を

中心に作品を発表し続けています。

P2013_1023_163620


蔵のギャラリーがⅠ、蔵を通り過ぎて

細い道を少し歩いた左手奥にギャラリーⅡがあります。→




毎年冬が近づいたこの時期になると、大学生たちによる、岩手大学版画研究室展が開かれます。


岩手大学には芸術専攻があり、今回も版画を専攻する8名の学生の皆さんが各々の個性を発しています。

今週~26日(土)まで。






2011年の震災以降は彩園子で展示する人も少なくなって、震災前の盛岡の美術の賑わいを思うと、最近は少しさびしい感じもするのですが、

現在も、盛岡の現代美術の中心として、作家たちが発表し続けています。




2階の喫茶も独特の雰囲気が漂っています。

蔵の喫茶店として旅の情報誌などでも盛岡特集の際はほとんど必ずといっていいほど取り上げられるお店です。

他県から盛岡に来られる際はぜひ一度立ち寄ってみてください。





2013年10月18日 (金)

冬の時間…

P2013_1007_144456

ここ一週間ほど朝方は一気に冷え込んできました。

冬の空気・雰囲気は季節の中で一番好きなのですが、

冷え症の自分にとっては辛い季節がやって来ます…。

小屋の方も寒くなってきたので、先週に今季初めて薪を燃やしてみました。



                                

P2013_1013_131640_3

本来ならば、右の写真のストーブ脇にあるような立派な薪を夏前までに準備しなければいけないところなのですが、

盛岡市の郊外で育った自分にとっては、森の生活の感覚がわからず、すっかり薪の準備を忘れていて、

急きょ、上の写真のような間伐材の枝が多数あったので、それを切って、火をつけています。







火がつくとパチパチと音をたてて燃え始めます。

火には見入ってしまう不思議な何かがあるような気がします。

P2013_1013_130738

 

2013年10月11日 (金)

夏時間?

P2013_1005_113700_2 

少しずつ紅葉が始まってきて、秋の色を楽しみにしている方も

多いと思いますが(今月中・下旬くらいが見頃でしょうか)

冷え症の自分にとっては少しずつ辛い季節が迫ってくる中…、

外に絵を展示したいという声をいただいて、晴れた日には50号の大作を小屋の

前に置いています。作品タイトルは「夏時間」。

作者は上野あづささん。盛岡市在住の30代の女性作家です。

上野さんの作品からは動き・ダイナミックさを感じます。

また、僕は「風」という言葉も浮かんできたりします。

P2013_1005_122213

じっくり作品を見ていると、作品に迷いがないように感じます。

その時々にやって来たもの・現れたものを

瞬時につかむような。そんな一瞬を感じます。

過去の上野さんの個展の際の作品では、 パネルやベニヤ板の表面が見えるくらいのうす塗りの作品や、板にペンで直接描いた作品など、

他になかなかいない特徴をもった抽象作品を描いている作家です。

外に展示している作品は数年前に描いた油彩の作品ということで色彩もあり、

現在の上野さんの作品と比較すると珍しい感じの作品かもしれませんが、

動きを感じるというのは、変わらない特徴だと思います。

上野さんは絵に加えて、詩の同人誌に参加・発表したりと詩作品も書いています。



今週末は天気も良さそうなので外に展示できそうです。

外の空気と絵の空気の季節の交差を感じに来てください。

2013年10月10日 (木)

赤い実の続き

P2013_1005_132051

しばらく鉢の上で放っておいたら、果肉?の部分がだんだんとなくなっていき、

赤い種? が目立つようになりました。

P2013_1004_121541

こんな感じです→

多分種だろうと思われる赤い種がいっぱい付いて

いるので、欲しい方いれば差し上げます。

(発芽するのだろうか…)

今週末あたりは薪が必要な感じになってきました。

紅葉はまだですが、少しずつ葉っぱの色が変わって

きています。

P2013_1004_121810

   

←季節外れの(外しすぎでは?)タンポポ。つい最近咲いてました。夕方には閉じて、次の日にまた開いてました。

   

  

鉢のコスモス。高々とまっすぐに細い茎を伸ばしてP2013_0929_122720 いましたが2週間くらい前に咲いてくれました。→

雨に打たれて茎が大きなカーブを描きながら、先週末に散ってしまいましたが、散った後は種をつけてくれるでしょうか?

P2013_0629_141609

こちらはニンジンの花です。6月29日撮影。↓

去年裏の畑をお借りしていた時に、ニンジンばかり種を蒔いていました。実験で何本か残しておいたのですが、雫石の雪深い冬を越冬して、花が咲きました。花が散った後に、ちゃんとニンジンの種がついていました。

ちなみに在来種、F1種、共に越冬して花が咲きました。(写真は両方ともF1種)

P2013_0629_141616_3















晴れた日は外にも絵と本を出しています。

P2013_1005_113700_2

2013年10月 6日 (日)

藤田咲子展(10月5日~11月4日)

P2013_1004_162106_2



レストラン&ペンションSoiLで藤田咲子展が始まりました。

藤田咲子さんは盛岡市在住。

ここ数年ほど発表はしていなかったそうで、久しぶりの展示とのことです。

果物? お菓子? 何かの植物なのか、それとも家や街並みなのか、

想像するのが楽しくポップな感じもする作品です。

別の作品は落ち着いた色彩で深みを感じさせる作品に仕上がっていました。


物の形を削いで事物の本質に迫ろうとするのが藤田さんの作品の特徴だと思います。

10月5日~11月4日まで。

SoiLさんの営業日は下記HPにてご確認ください。

http://www.soil-mori.com/



SoiLさんの奥にある小屋Serendipityも土日祝日営業しています。

現在展示中の藤田さんの小作品他、地元の作家の作品を展示しています。

寒くなってきたので暖かい服装でお越しください。


コーヒーと本で、ゆっくりとお過ごしください。



P2013_0928_134950_2

営業日変更のお知らせ

10月よりSerendipityは土日祝日の営業となります。

 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »